豊胸のための生活習慣

バストアップは、女性ホルモンと大きく関係しています。女性ホルモンが正常に分泌されなくなると、例え食生活をどんなに改善してもバストアップは難しくなります。そしてその分泌には、実は生活習慣が大きな影響を与えているのです。

まず、女性ホルモンの分泌や新陳代謝を妨げてしまう例として、運動不足や偏った食生活が挙げられます。毎日しっかり身体を動かすことで、代謝やホルモンの分泌を促し、健康的なバストアップに繋がります。さらに姿勢にも注意し、背筋をまっすぐ伸ばすように意識して身体を動かすと、バストもより美しく見えます。

さらに、身体に最も悪影響を及ぼすのが、ストレスです。ストレスを感じることで新陳代謝が悪くなることは知られていますが、実は女性ホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまいます。体内の流れが滞ってしまうことで女性らしい魅力も激減してしまいますので、ストレスを溜めない身体作りもバストアップには必要不可欠です。

もう1つバストアップを妨げるものが、喫煙です。タバコに含まれるニコチンは、血の流れを悪くしビタミンCを破壊するばかりか、エストロゲンという女性ホルモンの分泌も妨げてしまいます。タバコは健康だけでなく女性らしさも奪ってしまうのです。

普段から健康を意識することが、そのままバストアップにも繋がります。タバコをやめる、猫背を直すなど、出来ることから生活習慣を見直し、改めていきましょう。日々の生活を豊かにすることで、バストも豊かに成長するのです。

関連記事

このページの先頭へ