産後のバストアップ

妊娠・出産はバストにも多大な影響を及ぼします。出産を経てバストが垂れたり小さくなってしまったという女性も多いでしょう。ママになっても美しいバストを保つためには、産後のバストアップケアも大切です。

まず、妊娠時は母乳の準備が発達するので胸が大きくなります。お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて胸の張りも増し、出産するまでにバストのサイズが2~3カップもアップします。胸が急激に重くなりますので、バストをしっかり支えるブラジャーを装着することが大切です。

妊娠時に胸が大きくなると、その分皮膚も伸び、バストのハリが無くなったと感じられることもあります。産後は乳腺脂肪が少しずつ減少していくこともあり、どうしてもバストが小さくしぼむように見えてしまいます。さらに垂れて下がったバストは老けた印象になってしまいますので、産後は出来るだけ早めにバストアップケアを行いましょう。

産後のバストアップで気を付けたい点は、タンパク質をしっかりと摂取することです。胸の筋肉を成長させるためにはタンパク質が必要不可欠です。ハリのあるバストを取り戻すためにも、不足しないように心がけましょう。

また、産後は妊娠で太った身体を元に戻そうと無理にダイエットしがちですが、それで身体を壊してしまっては逆効果です。バランスの取れた食事と共に、重みでバストが垂れないようにフィット感のあるブラジャーで上手く固定しておきましょう。必要な栄養をきちんと取らないと、ハリのあるバストは返ってきません。適切なケアで、妊娠前のバストを取り戻すことは可能です。ママになっても若々しくいるために、育児の合間のバストアップを始めてみませんか。

関連記事

このページの先頭へ