豊胸のツボ

東洋医学では、人の身体にはエネルギーが流れる経路があると言われています。その経路の中でも、特にエネルギーが集まるところをツボといい、刺激を与えることで内臓の働きを活性化させ、病気の治療などに効果があります。そのツボの中にはバストアップにも効果的なものがありますので、マッサージなどと一緒に試してみてはいかがでしょうか。

ツボは身体中至るところに存在していますが、その中でも女性ホルモンを活性化させるツボはバストアップにも効果があると言われています。代表的なものとして、「だん中(だんちゅう)」や「天渓(てんけい)」というツボがあります。この2つのツボを刺激して、バストを豊かに育てましょう。

まずツボのある場所ですが、だん中はバストトップをつなぐラインの中央に位置しています。バストの境目をわきに向かってなぞり、バストトップと同じ高さまで来たらそこは天渓のツボです。こちらは左右に位置しています。

ツボが見つかったら、その部分を指でゆっくりと押し、そのまま1、2、3と数えて指を離してみましょう。天渓はバストの内側から外側に向かって、持ち上げるように押します。ツボの場所も分かりやすいところに位置しているので、入浴時などに簡単にチャレンジ出来ます。

他にも、鎖骨とバストトップの間に位置する「膺窓(ようそう)」、バストトップから平行に10cmわきに向かったところにある「渕腋(えんえき)」など、バストアップに効くツボはたくさんあります。ツボを刺激して女性ホルモンの流れを整え、健康的なバストアップを目指しましょう。

関連記事

このページの先頭へ